TOP  | PCサイトへ

慢性胃炎 機能性胃腸症

胃弱胃炎慢性胃炎

胃がもたれるむかつく

胃が痛い

お腹が張ってつらい。スッキリしない

食欲不振

血液検査、胃カメラ検査をしても明らかな原因(器質的疾患)が認められず「慢性胃炎ですね。」「機能性胃腸症ですね。」と言わて…という方は多いですね。

防御系薬剤や胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカー、PPI(プロトンポンプ・インヒビター)、賦活剤など処方してくれます。いったん症状は治まるのですが、しばらくすると同じ症状をくり返す場合も多いようです。

こんな方には東洋医学がピッタリです。

鍼灸施術内容

お腹、背中(胃の裏)手、足の経穴を使用します

胃の蠕動運動が低下し、お腹の胃の辺りが冷え感、硬い感触のある方は特に鍼灸がピッタリです。

消化器系の鍼灸治療は即効性が期待できます。

活発で健康な胃腸


証各種

@肝気犯胃・・肝は臓器の働きをコントロールしています。

ストレスなどにより肝→胃への調整が乱れると胃の機能が低下してしまいます。

A脾胃虚弱、中気不足・・消化器系の機能全般が低下。

消化吸収機能の他、体力、免疫系の機能も低下。

このほか、食積、胃陰虚、脾陽虚・脾胃虚寒などの証もあります。