TOP  | PCサイトへ

急性腰痛 慢性腰痛の鍼灸治療

「整形外科でレントゲンに異常はないと言われた。」

「シップと鎮痛剤をもらったけれど、痛みが取れなくて・・。」という方は多いですね。

こんな時は鍼灸がピッタリです。

急性、慢性どちらもご相談下さい。


急性腰痛 ギックリ腰

重たいものを持った時、急激に痛みが襲う腰痛。洗顔など日常生活の何気ない動作で発症する場合も。

基本的には筋肉の痙攣、炎症や靭帯、関節の炎症が原因です。

筋肉は筋繊維が集まって出来たゴムの束のようなものです。ゴムが硬くなって伸び縮みが悪くなるとちょっとした動きで引きつったり、傷ついたりして筋肉や靭帯に炎症を起こします

ぎっくり腰

痛めてから治るまで経過図

■炎症

痛めてすぐの時期は筋肉関節周囲組織が傷ついて炎症がおきています。

・ズキッとした痛み。

・患部を押すと痛い。触ると熱っぽい。

この時期は安静、患部を冷やす、冷シップ、入浴しない。

炎症は腫れて痛いですが組織を修復させるための反応でもあります

■修復

炎症は治まる。炎症のあった筋肉と周りの組織が硬くなってくる。

・患部の腫れ、熱がひいている。

・患部を押すと気持ちが良い。

・腰を曲げ伸ばすと引きつるような痛み。

この時期は傷めた組織の治癒を促進させるため血流増進が大事。暖める。


鍼灸は過度な炎症を抑え、組代謝を促し治癒までの期間を早める効果が期待できます。


慢性腰痛

同じ姿勢を続けると筋肉疲労→血流不足→筋肉への酸素栄養供給の不足→腰痛→悪循環に・・
腰痛悪循環

「運動も実践するのは難しいなぁ。」という方も鍼灸メンテナンスを利用して悪循環のサイクルを断ち切りましょう


腰痛と東洋医学

腰痛治療では現代医学的鍼灸が基本となりますが、患者さんの状態や治療経過によって東洋医学的鍼灸も加えます。

ーー東洋医学での腰痛原因ーー

・寒湿

・気血両虚

・腎精不足

・気滞血於など


腰痛治療のご紹介

ーー慢性腰痛の治療ーー

・筋肉の疲労をとる
・筋肉の緊張をやわらげる
・血流改善
・組織代謝を促進

東京都渋谷区代々木‐腰治療

鍼は起立筋、深部の大腰筋にも直接アプローチが可能です。

場合によって吸い玉も使用

当院では早期回復を最優先に行っています。

軽度の急性腰痛であれば1〜3回程度で治療終了です。

重度な腰痛、長年患っている腰痛は定期的なメンテナンスをおすすめします。

痛みが起きてから治療を受けるまでの時間が短いほど、早期回復に繋がります

鍼灸が全く初めての方にはハリの太さや長さ、本数を加減したソフトな治療も可能です。

お尻、脚の痛みを伴う「腰椎椎間板ヘルニア」、「腰部脊柱管狭窄症」も鍼灸は有効です。

ご相談下さい。


さらに詳しく・・

<筋・筋膜性腰痛>

筋肉、筋膜、腱など軟部組織へストレスが加わり炎症、痛みが出現。急性腰痛や慢性腰痛の原因。

<姿勢性腰痛>

悪い姿勢からおきる腰痛。背筋、お尻の筋肉、腹筋の筋力低下、骨盤のズレなどが原因。背骨を支える筋力が弱まり痛みを誘発

<ギックリ腰>

重いものを持ち上げたり、無理な体勢での作業がキッカケとなる。腰椎椎間関節周囲の炎症、靭帯の部分断列による急性腰痛。再発、加齢にる椎間関節の変性も多い。軟骨の磨耗、骨の変形、関節周囲の靭帯の緩みなどによる椎間関節症から慢性腰痛になる事も

※椎間関節症

加齢により関節軟骨の表層が摩耗し、椎骨に骨棘が生じ椎間関節部が不安定な状態となる。負担の大きい下部腰椎関節では機械的ストレスが増幅され関節包の異常緊張、炎症が生じる。関節包肥厚、弾力性の低下へと繋がり椎間関節症が形成される。弾力性を失った関節包は軽微な動作でも障害され、腰の動きの滑らかさは失われる。

<腰椎椎間板ヘルニア>と腰痛

mriヘルニア

人間の背骨は24個の骨で構成されています。骨と骨の間には「椎間板」というクッションがあります。椎間板は、繊維輪と髄核で構成されます。 繊維輪に亀裂が生じ髄核が繊維輪を破って飛び出た状態を椎間板ヘルニア(uncontained type)と言います。飛び出した椎間板が神経を圧迫し臀部下肢の激しい痛みシビレを引き起こします。繊維輪を破らずに膨れたヘルニア(contained type)もあります。感覚障害、冷感、筋力の低下、排尿障害がある場合は速やかに病院受診が必要です。

uncontained typeは痛みが劇的だが治癒まで比較的早い傾向。

contained typeは痛みが中程度だが長引きやすい傾向にあります。

<分離症>と腰痛

林鍼灸治療院‐分離症

脊椎分離症は椎間関節基部の骨が分離した状態です。腰部運動を繰り返すことで徐々に起こる疲労骨折が原因。骨が成熟していない少年期における激しい運動で発症しやすい。

分離すべり症と変性すべり症

鍼灸院‐すべり症

椎骨が前後にずれている状態です。 分離が伴う「分離すべり症」、分離が伴わない「変性すべり症」。

「分離すべり症」成長期の椎体変形、壮年期の椎間板変性が起こり発症。関節の分離により脊椎が不安定

「変性すべり症」椎間板変性によるものが多い。中年以降の女性に多くみられる。すべり部での脊柱管狭窄、神経絞扼により脊柱管狭窄症のような症状も。

<腰部脊柱管狭窄症>と腰痛

加齢による骨のトゲ(骨棘)や黄色靭帯の肥厚により脊柱管が狭窄する。神経圧迫により足のしびれ、 間欠性跛行が特徴

*間欠性跛行

立った状態や距離を歩くと足のしびれ、痛みがでる。腰掛けたり、前屈みで休むと楽になり再び歩ける状態。