代々木初台<林鍼灸治療院>東京都内 渋谷区 参宮橋 肩こり 頭痛 腰痛 自律神経失調 ED 中医学鍼灸  → スマートフォン版

ハリは何に効くの

WHOで認められた疾患
神経系疾患 神経痛、神経麻痺、痙攣、自律神経失調症、神経症、心身症、脳卒中後遺症、頭痛、不眠 症、めまい、肩こり
運動器系疾患   関節炎、関節症、肩関節周囲炎(五十肩)、関節リウマチ、筋・筋膜炎(筋肉リウマチ)、頸筋強直、頸肩腕症、むち打症、捻挫、腱鞘炎、腰痛症、外傷の後遺症
循環器系疾患 心悸亢進(心臓神経症)、高血圧症、低血圧症、動脈硬化症、動悸、息切れ 
消化器系疾患 口内炎、舌炎、歯痛、胃腸炎、胃アトニー、胃下垂症、胃酸過多症、胆石症、肝機能障害、肝炎、十二指腸潰瘍、下痢、便秘、痔疾患 
呼吸器疾患 風邪、風邪の予防、咳嗽、鼻炎、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、気管支喘息
泌尿器系疾患 ネフローゼ、腎・尿路結石、膀胱炎、尿道炎、前立腺肥大症、陽萎、遺精、性機能障害
内分泌系疾患 尿崩症、バセドウ病、糖尿病
新陳代謝疾患 貧血、脚気、痛風 
皮膚科疾患 皮膚炎、蕁麻疹、ヘルペス、肝斑(しみ)、円形脱毛症 
産婦人科疾患 不妊症、月経不順、生理痛、冷え症、更年期障害、妊娠悪阻(つわり)、乳腺炎、乳汁分泌不全、胎位異常(さかご)、 
小児科疾患 疳虫、夜啼症、夜尿症、自家中毒症、小児喘息、虚弱体質 
眼科疾患 仮性近視、眼精疲労、眼瞼縁炎(ただれめ)、麦粒腫(ものもらい)、結膜炎、フリクテン、弱視、涙管炎 
耳鼻科疾患 耳鳴、難聴、メニエール病、鼻炎、中耳炎、鼻出血(はなぢ)、副鼻腔炎(蓄膿症) 

上記以外も、効果のみられた症例は多くありました。

東洋医学は様々な病態に適応可能です。ご相談下さい。

鍼はなぜ効くの?


鍼灸の効果の研究は研究所、医療機関、鍼灸大学、短期大学で意欲的に進められています。

鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環を改善し、生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に働きかけるのではないかと考えられています。

----鎮痛効果の諸説----

ゲートコントロール…針刺激が脊髄において痛みを抑制する

エンドルフィン…針刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する

末梢神経の遮断効果…針刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。

・経穴(ツボ)の針刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。

血液循環の改善…筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする

(社団法人 日本鍼灸師会報告より抜粋)

TOP 治療内容 スタッフ紹介 診療時間/治療料金 住所 HP割引券 お問合せ こんな患者さんが 受付の徒然日記
肩コリ 頭痛 腰痛 坐骨神経痛 慢性疲労 慢性胃炎 更年期障害 花粉症 ED