代々木初台<林鍼灸治療院>東京都内 渋谷区 参宮橋 肩こり 頭痛 腰痛 自律神経失調 ED 中医学鍼灸  → スマートフォン版

診察 代々木初台 林鍼灸治療院

体質調整や難病への施術は中医学鍼灸をメインに行います。

正確な診察は正確な施術に不可欠です。

実績豊富な鍼灸師がしっかりおこなっています。

脉診、舌診など東洋医学独自の診察方法をご紹介いたします。

問診

病状の発症時期から現在までの経過・現在の状態をうかがいます。

発症の背景にはいろいろな事があります。

「関係ないかな?」と思う事でもどんどん教えて下さい。

脉診

患者さんの左右手首の脉を拝見します。

脉は身体の状態を正確に教えてくれるサインです。

ストレスが強い、体力の低下、緊張感がぬけない、睡眠不足が続いている、浮腫んでいる、風邪をひきそうだ…いろいろな事が分かります。

ページ下部に詳細記述

舌診

舌の色、形、表面に付いているコケも身体からのサインです。。

血液の循環、不足、水分代謝、胃腸の具合、メンタル疲労…いろいろな事が分かります。

中医学の舌診(臓腑分画法)は舌を舌尖・舌中・舌根・舌辺の4つに区分し各臓腑と関連します
舌診‐舌根舌中舌辺舌尖 舌尖---心肺

舌中---脾胃

舌根---腎

舌辺---肝胆

ページ下部に舌診詳細記述

耳診

耳にはカラダの各部分の状態が現れます。

耳表面に現れた異常のあるポイントから、カラダのどこに病気の原因があるのか把握できます。

爪診

爪の色・ツヤ・スジの様子を診察します。

人中診

鼻と上唇の間にあるミゾを拝見します。

ミゾの深さ・形・長さなどから主に生殖器系などの状態を診察します


*脉診詳細

浮脉 軽く触れて力があり抑えれば減退するが空ではない 表証
洪脉 波の様に勢いがあり来る時は盛んであるが去るときは衰える 熱証
濡脉 浮小にして軟 虚、湿
散脉 散浮にせて無根 元気離散
コウ脉 浮大にして中空。ネギの茎のような脉 失血傷陰
革脉 浮にして指に響き中空で外が硬い 精血虚衰
沈脉 軽く押さえて触れず強く押して初めて触れる 裏証、鬱証、水証
伏脉 強く押して骨のところではじめて触れる 邪閉、厥証、痛極、陽衰
弱脉 柔らかく細い沈脉 気血不足
牢脉 強く押さえて実大弦長 陰寒内実
弦脉 長く真直ぐ。琴の弦のような脉 肝胆病、諸病、痰飲
遅脉 1呼吸で4拍未満 寒証
緩脉 1呼吸で4拍、去来緩慢 湿証、脾虚
渋脉 小刀で竹を割るように往来が渋滞して緩慢 精傷、血少、気滞、血オ
結脉 緩慢で不規則に脉が欠落
数脉 1呼吸で5拍以上 熱証
促脉 脈拍が速く不規則に欠落 陽盛熱実、気血痰飲食積の停滞
疾脉 1呼吸に7拍以上 陽極陰渇
動脉 脉が短く滑数有力。豆が転がるように躍動 痛証、驚証
虚脉 三部の脉が指を上げても沈めても全て無力 虚証、気血両虚
細脉 糸のように細いがはっきり触れる 諸虚労損、陰虚、湿
微脉 極めて細く柔らかで数が不明 陰陽気血ともに虚
代脉 脈が規則的に動いては止まる 臓気衰微、風証、痛証
短脉 脉の触れる範囲が短い 有力:気鬱 無力:気損
実脉 指を上げても沈めても三部の脉が全て有力 実証、熱証
滑脉 脉の往来が滑らかで指に円滑に反応 痰飲、実証
緊脉 緊張して有力 寒証、痛証、宿食
長脉 脉の触れる範囲が長い 陽気有余、熱証

*舌診詳細

舌形 特徴 臨床意義
舌質のキメが粗く枯れた色調で舌が堅 く締まっている 熱証実証
舌質のキメが細かく色が浮いており胖 大できゃしゃである 寒証虚証
胖大舌 舌体が大きく腫脹して舌色が濃い紅色 心脾熱盛
舌体が腫脹して舌色が紫 中毒あるいは舌炎
舌体が胖大で柔らかく舌色がやや淡 白、歯痕がある 陽虚 水湿不化 痰湿停留
痩薄舌 胖大舌とは逆に舌体が正常に比べ痩 せており薄い
舌体が痩薄で色が濃い紅で乾燥しているも のは熱性病後期や慢性消耗性疾患に多い。
陰津が灼かれ陰液が欠損、亡陰失水を示 す。舌体が痩薄で舌色が淡白なものは気血 不足、心脾両虚を示す。
芒刺 舌面のトゲがあり触れると手にあたる 黄燥苔を伴うものは熱邪熾盛、腑気不通、 胃腸燥熱、大便硬結を示す
裂紋舌 舌面に亀裂がある 舌色が淡白で裂紋のあるものは心気不足、 血虚不潤。紅、絳舌で裂紋は熱盛傷陰、陰 精虧損。舌質がやや紅で裂紋があっても症 状がなければ病象ではない。
歯痕舌 舌対の縁に歯の痕があるもの 舌体が胖大で歯痕があるものは陽虚、水湿 不化。舌質が淡白で痩薄で歯痕のものは気 血不足が多い。
 
舌質 舌苔 病証
淡白舌 薄白苔 陽虚、気血両虚
薄白苔で中央が剥 離 気血両虚、腎陰不足
黄膩苔 脾胃虚弱、湿熱内蘊
灰苔黒苔にて滑 陽虚内寒、寒湿内停
紅舌 白苔 熱病で邪が衛から営に推移
薄黄苔 気分熱盛
黄膩苔 気分湿熱
厚黄苔で乾燥 気分熱盛で陰津液を障害、裏実
無苔 気陰両傷
絳舌 焦黄苔 胃腸熱結、裏実熱証
黒苔で乾燥し裂紋 邪熱盛極、陰枯渇
無苔 熱入血分、陰分大傷
青紫舌 黄苔乾燥 陰血枯燥、虚火内燔
黒苔滑潤 寒極
白苔潤 寒盛、気血凝滞

TOP 治療内容 スタッフ紹介 診療時間/治療料金 住所 HP割引券 お問合せ こんな患者さんが 受付の徒然日記
肩コリ 頭痛 腰痛 坐骨神経痛 慢性疲労 慢性胃炎 更年期障害 花粉症 ED