代々木初台<林鍼灸治療院>東京都内 渋谷区 参宮橋 肩こり 頭痛 腰痛 自律神経失調 ED 中医学鍼灸  → スマートフォン版

肩こりの鍼灸治療/肩コリの原因対策 代々木初台 林鍼灸治療院


肩こりは頭痛、吐き気、めまい、手指のシビレ、睡眠障害の原因にも。

苦痛・不安・睡眠障害が長期化する抑鬱傾向に繋がる事もあります。

「たかが肩こり、されど肩こり。」

「ずっとマッサージに通っているんですがつらくて・・」と長年肩こりに悩まされている方でも「こんなに効くなら、もっと前からハリを受けてればよかった。」と喜ばれます。

鍼灸が初めての方もお気軽にご相談下さい

再発防止のストレッチもご案内致します。


肩こりの原因

1)一次性(特定の疾患と関係のないもの)

(a) 過労

(b) 体形

(c) 不良姿勢

(d) 精神的緊張

2)二次性(疾患の一症状としての肩こり)

(e) 頸椎・頸椎周辺部疾患

(f) 肩関節周辺疾患

(g) 肘、手関節周辺疾患

(h) 末梢神経疾患

(i) 心疾患などの関連痛

(j) 歯周辺疾患

(k) 眼精疲労

(l) 自律神経失調症

(m) 更年期障害

(n)  その他

(a)〜(d)により首・肩の筋肉への負荷が高まって肩こりが生じます。

長時間の姿勢保持は筋肉へ必要な栄養・酸素の供給を低下させます。

同時に不必要な老廃物・二酸化炭素の回収も滞り筋肉は疲労してしまいます。

肩こりの原因となる筋肉

肩こりの原因となる筋肉

東京都渋谷区代々木‐肩こりの筋肉

・僧帽筋

・肩甲挙筋

・菱形筋

の筋緊張が肩こりの主な原因です。

肩関節は上下、前後、左右いろいろな方向へ動かせるように多数の筋肉で構成されています。

肩こりの原因となっている筋肉も患者さんごとに異なります。

最適なツボを選んで治療致します。

肩こり治療に重要なツボ

東京都渋谷区‐肩こりに効くツボ ・肩井 kensei

・肩外兪 kengaiyu

・膏盲 koukou

は特に重要な経穴(ツボ)です。

経穴(ツボ)の解説はこちら

姿勢への影響

「僧帽筋」や「肩甲挙筋」のこりが長期間に及ぶと筋肉の柔軟性も低下します。

伸びづらく、縮んだ筋肉は肩と肩甲骨を引き上げ肩をすぼめる様な姿勢になってしまいます。

こうなると肩関節の可動域も低下し、肩こりの悪循環に陥ってしまいます。

姿勢改善のストレッチもご案内致します。


首のこりと原因

<S字湾曲>

地球には重力があるので身体を支えるためには筋肉の働きが必要です。同じ姿勢を保つには持続的な筋収縮が不可欠でこれが筋疲労・コリを招きます。ヒトの頭の重さは4〜5キロあり、首と肩の筋肉は一日中これを支えています。5キロの鉄アレイを1日中、腕で支える事を想像して下さい。かなりの苦痛だと思います。しかし我々の首肩はそれを何十年と続けています。これを可能にしているのが脊柱の生理的湾曲<S字カーブ>によるクッションの働きです。S字湾曲はバネ
S字カーブがあることでクッションの効果を生み筋肉にかかる負担を大幅に軽減しています。このS字の軸がズレて、クッション効果を利用できないと筋疲労が増長されます。その例として以下のケースがあります。

<ストレートネック>

頚椎の湾曲が少ない状態を「ストレートネック」と呼びます。

ストレートネック図

 正常   ストレートネック

<原因>

・先天性(生まれつき)

頚椎のほか胸椎、腰椎の湾曲も少ない。

・後天性(生活習慣により湾曲が減少

PC画面に顔を近づけるような頭部が中心軸からズレた姿勢は筋疲労の蓄積と頚椎湾曲の減少を招きます。

<治療法・治療目標>

先天性・・湾曲の創造は不可能ですが、コリ・痛み・頭痛・吐き気・めまいなど随伴症状を治療。

快適な日常生活を。

後天性・・頚椎湾曲の復元を目標とし、各症状も治療。頚部の筋緊張を緩め柔軟な状態を持続することで後天性のストレートネックは復元しやすくなります。ご自宅でのタオル枕を利用したストレッチ、首肩周囲の筋肉強化も効果的です。

タオル枕:タオルを筒状に丸めて首の後ろにはさみ頭の重さで自然に首をストレッチし、頚椎のアーチを保持する。ストレッチの時間は3〜5分。長時間の利用やそのまま寝てしまう行為は重大な首の痛みを招く原因となるので十分注意して下さい。

<猫背>

背骨が丸まっている形(縦方向)よりも、肩が前方に巻き込んだ形(横方向)が多い。これにより、肩甲骨の可動性が低下し肩周囲の筋疲労を招きます。

コリを改善し、前方に巻き込んだ肩を後方へ調整します。

<背骨の側湾>

軽度の側湾は比較的多くみられます。

側湾による背部筋緊張の左右差の改善を考慮した治療。


精神的緊張の影響と東洋医学

「身体」と「精神」はお互いに影響しあいます。物理的な負荷だけでなく精神的緊張も肩こりを引き起こします。

「睡眠障害」「歯ぎしり」「食いしばり」「多夢」などは要注意です。

仕事をする環境下ではストレスを皆無にすることは困難ですね。ストレスが全くゼロであれば活力も低下するかもしれません。

ストレスを減らそうと考えるよりも、ストレスを軽く受け止められる身体を作ろうとしたほうが現実的です。気血の疎通を図る東洋医学的鍼灸も加えて「抗ストレス力」を養いましょう。

TOP 治療内容 スタッフ紹介 診療時間/治療料金 住所 HP割引券 お問合せ こんな患者さんが 受付の徒然日記
肩コリ 頭痛 腰痛 坐骨神経痛 慢性疲労 慢性胃炎 更年期障害 花粉症 ED